注文住宅やデザイン住宅を一覧で比較|住まいスマイルステーション

不動産

コンセプトを固める

インテリア

デザイン住宅は注文住宅の中でも、より施主の意向を反映させることができるものです。もちろん予算の範囲内でできる事を模索することになりますが、施主が希望する条件を建築士が汲み取った上で、コンセプトを固めて設計するというスタイルになります。これまでは比較的予算に余裕のある施主が、住みやすさを追求して建材などにこだわった設計を依頼するという形が多くあったものです。 現在の注文住宅は大手のハウスメーカーが提供するローコスト住宅に人気が集まっていますが、どちらかといえば用意されている設計や設備の中から生活スタイルに合うものを選ぶという形となっています。けれどもデザイン住宅は全てを施主が選べる利点を持つものとして人気があるものとなっています。

デザイン住宅は施主と建築士との話し合いのもとに、その予算の中でどのように住みやすさを追求するかといった作業を行うことが特徴となります。この点においては一般の注文住宅とは一線を画するものとなります。その上で、現在のトレンドも取り入れるものとなっています。 最近では自然環境に配慮した家造りが主流となっています。二酸化炭素の排出を抑えて電気代の削減にもつながるものとして、施主の利益にも役立つものとして需要が高まっています。太陽光発電パネルの設置や、今はまだ高額となるエコキュートの設置なども前提とした設計がこれからデザイン住宅にも取り入れられてくると見られています。それをいかに取り込んで住みやすさを向上させるかが、今後の課題と見られています。